放置された挙句…

H29.6.19
H27年3月改正でのスワローあかぎ7連化に伴い、東大宮操北部留置線にておよそ2年間放置状態であった651系1000番台付属編成のOM303編成がこの日ようやく動きを見せました。
DSC08674.jpg
田端からEF81 139がやってきて廃車配給に向けた連結訓練が行われました。
この編成、動かすのはおよそ2年ぶりであり、いつしかの209系京葉車みたいな牽引中の立往生を避けるためか今回はしっかりと事前準備がなされました(^^;)
この場所まで機関車が入線するのは大変珍しいことです。後ろに見えるのは東北・上越新幹線の高架。
ニューシャトルでいうと吉野原駅近辺です。

DSC08675.jpg
放置された結果、赤錆が流れ出ていて悲惨な状況でした…
EF81側の電源は落とされた状態で、各種ケーブル類が接続されていきます。

DSC08682.jpg
反対側先頭車へ周ってみると反射板掛けが設置されていました。
留置期間は2年といえど、屋根もない場所で雨ざらしであったのと、白いボディが相まって汚れが非常に目立ってしまっています。
前面のLEDはもう点灯することは無さそうですね…

DSC08689.jpg
やがて機関車側の電源が入れられました。
この後制動試験が行われ、機関車からのブレーキ指令に応じて651系のブレーキ制御装置から吸排気音を確認できました。
ブレーキ緩解・作動も久々のことです。

DSC08694.jpg
この後実際に数十メートル動かして牽引も正常かどうか入念に確認していました。

DSC08696.jpg
数往復して問題がなかったのを確認したのか、この後パンタを降ろし今度は解結作業が行われました。
折角なので、滅多に見られないEF81の北部からの構内移動も頂いちゃうことに。

DSC08707.jpg

DSC08715.jpg
地元に住んでいてここまで機関車が入ったのは初めて見ました。
車両が留置されていない番線を本線方向に走り去っていき、EF81 139はこの後帰区していきました。

DSC08719.jpg
今回連結訓練を受けたOM303編成と同じように、別場所にもう1本放置されている編成が写真奥に移っています…
OM302編成でこちらも昨日、郡山へ廃車配給されていきました。
スワローあかぎ7連化により離脱となったのは他にOM301編成がありますが、こちらは伊豆クレイルとして華やかに現在も活躍を続けています。

DSC02942_201709211810141b7.jpg
元OM301編成改めIR01編成の伊豆クレイル出場回送の写真です。こちらはピカピカになり、所属も大宮から国府津へ転属となりました。
勝田→大宮→国府津と再々出発を遂げた唯一の651系ですね。
再整備すればこのように活用できたとは思いますが、OM302・303編成は残念ながら余剰車で廃車となってしまい、先に郡山行きとなったOM303編成は解体されてしまいました。
やはり運命って恐ろしや、です…
関連記事
    
              

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

Author:宮原鉄道
日本語が不自由なブログへようこそ(*´ω`*)

さいたま市北区を拠点とし、事業内容は趣味活動で写真撮影と模型製作です。
列車運行は行っておりませんのでご安心ください。

使用機材
◆カメラ
SONY α77Ⅱ
SONY α77(予備)
MINOLTA α807si(予備)
Nikon COOLPIX P330(動画・簡易撮影)

◆レンズ
SONY DT11-18mm F4.5-5.6
SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM
TAMRON AF28-75mm F2.8 MACRO
TAMRON 70-200mm F2.8
TAMRON 150-600mm F5-6.3 Di USD

◆テレコン
TAMRON α-AF 1.4X TELEPLUS MC4

◆三脚
ハスキー4段

月別アーカイブ
カテゴリ
宮原鉄道線内 検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
448位
アクセスランキングを見る>>
おすすめサイト
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる