快速信越線スイッチバック号

0006_201503262304022dc.jpg
高田から妙高号で、黒姫へ。
そこからは先程沿線で撮影した横須賀色115系による信越線スイッチバック号に乗車します。

全車自由席だし朝の埼京線並の混雑かなーなんて思ったら、ガラガラ…
すんなりボックス席確保でき、拍子抜けです(^^;)

0007_20150326230404a62.jpg

0008_20150326230405f9f.jpg

0009_2015032623040722a.jpg

撮影者も少なくて、思い思いの写真が撮れました。
もうここに横須賀色が来ることはないだろう…という思いを込めて。

これに終点の長野まで乗車。
折り返し入庫となるわけですが、それを見届けるかの如く名古屋からの383系が入線。
0010_20150326230408ad8.jpg
なかなか貴重な並びを撮れたと思います。
先日の北斗星最終便の時のような騒ぎになるわけでもなく、少ない人数で落ち着いたムードな長野駅でした。

これを撮影し、新幹線で晩酌しながら帰京しました。
さすがにもう、大宮着いたらまたもや北上というのはありませんでした(笑)
    
              

春日山~高田にて

直江津の次の駅、春日山で下車。
沿線に出て、長野から来る横須賀色の115系を迎撃しに向かいました。
0002_20150326224957818.jpg
6連固定の横須賀色115系が信越線を往きます。
長野~直江津間は、普段は横須賀色は入線しません。
運転日が多いからか?撮影者も少なくマッタリ撮影できました。

逆アンに向かい先程乗ったありがとう信越線号の折り返し便を。
0003_20150326224958bd0.jpg
うーむ、やはり臨時幕だしこっち側の幕は壊れたまんまか…
奇跡的にあさま幕で来ないかな~なんて期待してましたが、現実はそこまで甘くないようです\(^o^)/

これを撮り、次の電車まで時間があるので高田までウォーキング。
長野方面へと戻っていきます。
    
              

直江津での出会い

ありがとう信越線号に乗車後、北越号が新潟からやってくる時間まで近かったので暫し待機。0004_2015032622495307a.jpg
北越号入線予定の線の隣には413系が!
しかも真っ青なやつじゃありません(笑)
こりゃー良い感じの北越とのツーショットが撮れそうです。

0005_2015032622495407c.jpg
本番は北越号の顔と413系の顔が横並びぐらいになったところを切り取ってみました。
北越号は停止位置が後ろの方だったもので(^^;)

これを撮り、長野行きの普通に乗り込んで隣の駅まで移動しました~
    
              

ありがとう信越線号

長野からは、ありがとう信越線号に乗車です。0007_2015032622160793a.jpg
使用編成は、ASAMAロゴマークが付いたN102編成。
・・・なのは良いのですが、臨時幕で正面がちの写真には魅力を感じず。。。
てなわけでそれ以外の部分を写すことに。

0008_201503262216088f6.jpg
北長野の標記は今は(北しなの線)北長野となっている・・・と思われます。

0009_201503262216106dd.jpg
車内に入ると国鉄時代の広告がありました。
鉄道博物館から貸与されたもののようです。

ここから列車は一路直江津へ。
車内チャイムは鉄道唱歌や信濃の国、ふるさとといったあさま号現役当時のものが各駅到着の際に流されていました。

途中の黒姫駅で20分程の停車。
正面と側面の幕をあさま号やあずさ号などに切り替えるサービスをやって頂けるとのことで先頭部に行きましたが、
0010_20150326221611cbf.jpg
既にこの有様(´Д`)
長野よりの先頭車は幕故障で動かないとの事だったので、こちらに人が集中してしまいました(^_^;)
諦めて側面幕を撮りに。。。
0001_20150326224955961.jpg
こちらも各場所に10人ずつ人が集まっており異様な光景が黒姫駅で展開されていました。
ファンタジー舞浜・・・ありましたねえ。京葉線経由ですね。

0012_201503262218340f3.jpg
駅外から撮れるかな?
週末パスの特権を利用し行った頃には1周だけ幕回しして臨時幕に戻ってて、発車までそのまんま。
うーん、なんだかなあ(^_^;)

0013_2015032622183140e.jpg

車内に帰る途中、北しなの線車両の試運転が来たので、今後絶対に見られないJR黒姫駅名標としなの鉄道のロゴマークのコラボを激写しときました。
0014_2015032622183211c.jpg

そして直江津まで乗車。
まあ、腑に落ちない部分もありましたけど、特急型車両で長野から直江津まで乗り通すという今後困難になりそうな経験ができたので良しということで!

しかし、このN102・・・ゴールデンウィークの臨時あずさ等に充当されると良いですなあ。
    
              

改正間際の長野駅

ホテルを出て、長野駅へ。
ダイヤ改正で無くなるのは、車両や列車だけではありません。
旅客を案内するための看板も、ダイヤ改正後に路線名が変更される場合(例:信越本線下り→北しなの線下り)などには新たな看板に置き換えられます。
そのため、看板だって車両や列車の変遷とともに同じ運命を背負ってると言っても過言ではありません!!

と、こんなところで熱く語ってもしょうがないので長野駅の、改正前でしか見られないであろう駅構内の看板撮影報告をw
0001_201503212142242db.jpg
今では長野よりも左に案内が書かれているはず・・・

0002_20150321214225991.jpg
ア、これは看板ではありませんねw
長野新幹線区間しか表示されていない画面も改正まで。


0003_2015032121422630f.jpg
あさま号しかない時刻表。

0004_20150321214228121.jpg
路線図も、直江津までJR区間であることが示されていました。
運賃も第三セクター化された為、この日と今とでは異なります。


0005_20150321214229411.jpg
シールで伏せてある部分には、しなの鉄道のロゴマークでも隠れているのでしょうか。

0016_201503232304199fd.jpg
飯山線は、途中しなの鉄道を通って長野駅に乗り入れることになり、乗車券のルールが変更となりました。
七尾線と同じパターンですね。

そして長野駅に来た最大の理由がコレ。0017_20150323230420d46.jpg
快速ありがとう信越線号に乗車すること!
というわけで次回更新時は、その乗車記をお送りします~
    
              
最新記事
プロフィール

Author:宮原鉄道
さいたま市北区を拠点とし、事業内容は趣味活動で写真撮影と模型製作です。
列車運行は行っておりませんのでご安心ください。

使用機材
◆カメラ
SONY α77Ⅱ
SONY α77(予備)
MINOLTA α807si(予備)
Nikon COOLPIX P330(動画・簡易撮影)

◆レンズ
SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM
TAMRON AF28-75mm F2.8 MACRO
TAMRON 70-200mm F2.8
TAMRON 150-600mm F5-6.3 Di USD

◆テレコン
TAMRON α-AF 1.4X TELEPLUS MC4

◆三脚
ハスキー4段

月別アーカイブ
カテゴリ
宮原鉄道線内 検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1228位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
422位
アクセスランキングを見る>>
おすすめサイト
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる