さよなら、ニューシャトル1000系 その2

H28.6.24(金)
DSC00434.jpg夜勤明けでまたもや参戦。
ニューシャトルの駅撮りの中で唯一下回りまで綺麗に写せる2番線入線シーン。どうしても抑えたくて(笑)
ここ丸山駅先端には7人ほどの鉄が…こんなにニューシャトルの駅で、しかも平日に集まっているのを見るのは沿線民でも初めてです(;´Д`A
あと、ちゃっかり背後にE5系が友情出演してくれましたw

DSC00443.jpg

DSC00452.jpg

DSC00462.jpg
あとは先日撮り損ねた角度で何枚か撮って、明けで眠いので本線走行シーンを待たずして帰宅、爆睡と相成りましたm(_ _)m

H28.6.26(日)
明けでさよなら運転の撮影には十分に間に合わず…
カバンに忍ばせておいたコンデジで軽く撮るに留まりました。
DSCN1837.jpg
最後は、最後らしく大宮駅の改札にあったこの横断幕と共に…
「さようなら、ありがとう1000系」
2007年の2000系導入から1年に1本のペースで1000系は2000系に置き換えられ。
全廃はまだまだ先かと思いましたが、あっという間に引退の時を迎えてしまいました。
昔の地元も今の地元もニューシャトル沿線のため、大宮へ出かけるときは常にお世話になっており、ニューシャトルといえばこの車両のイメージでした。
引退は残念ですがここで横断幕になかった言葉を付記してこの記事の結びとしたいと思います。

「お世話になりました、そして…今までお疲れ様でした!」
    
              

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

さよなら、ニューシャトル1000系

H28.6.22(水)
幼き頃からお世話になっていた車両、ニューシャトル1000系のさよなら運転を撮影。
加茂宮(上り)自宅の最寄駅である加茂宮にて。
しっかしこのような電車の編成写真を撮るには、上下左右のバランス取りが難しいですね。
私のような写真ヘタクソな人間からしたら必ず1本練習電が欲しいところです(^_^;)

1983年製ということで製造から33年が経過しているわけですが、同時にこの新交通システムというものができて少なくともそんなに経つのかと驚きました。
引退前に赤と白の旧塗装に戻されることを勝手に期待していましたが、残念ながらそれは叶わずボロボロの塗装のまま。

本線へ出る前に丸山駅にて絵画展?車両展示会?が開かれておりましたのでそこへも行ってまいりました。
DSC00355.jpg
今の車両に比べるとやや圧迫感のある造りですが、これがまた昔いつも利用してた私にとっては懐かしく。
冷房装置も車内にドカンと直接置かれていますね。

因みに1117編成は登場当時4両編成で、平成になってから中間に2両増結されました。
そのため中間2両と両側4両とは車内の造りや外観に互いに差異が見受けられます。
DSC00358.jpg
貫通路の幅をご覧下さい。
ね?幅が違うし、内装も違うでしょ??(笑)
外観で言うと車側灯の形状、車番がプレート式かそうでないか・・・という部分で違います。
ある意味ちょっとした珍ドコ電車だったわけです。

DSC00361.jpg
先頭部。まるでアトラクションのような乗務員室と客室間の仕切り扉…
仕切り扉上部にアクリル板のようなものが付いてますが、最初はありませんでした(^_^;)
客室にある側引き戸の化粧板は他箇所と同じ色をしていましたが、15年程前のリニューアルの際に木目調になりました。

ここ最近急激に本線に出ているのを見る機会が激減していた中で、久しぶりに車内に入り懐かしい気分になりました。
とりあえず疲れたので今日はこの辺で。(^_^;)     
              

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

ニューシャトル 丸山車両基地公開

DSC00875[1]_convert_20151218225316
今年は県民の日に休みが取れたため行ってまいりました。
これまでよりも充実した内容になっていて行ったかいがありました。

DSC00823[1]_convert_20151218225428
工場内に入るとちょうど保守用車両が吊られるところでした。
玉掛けが終了しクレーンで上昇していきます。

DSC00826[1]_convert_20151218225516
って、台車も上がるんかいっ!!
これには驚いた・・・
普通の電車って車体吊りすると台車地面に残りますから(^_^;)

DSC00833[1]_convert_20151218225558
すごい迫力で我々の目の前に・・・
というか、20うん年ほどニューシャトル沿線に住んでいますが、こんな車両いたんかいって感じです・・・
今まで基地公開でも見かけることはなかったと思いましたね(^_^;)

DSC00854[1]_convert_20151218232930
DSC00856[1]_convert_20151218233020
DSC00860[1]_convert_20151218233113
車体吊り終了後に再度観察。
うーん、やはり終車後始発前に走っているのでしょうが、一度本線を走る姿を見てみたいですw

DSC00853_convert_20151218235348.jpg
DSC00851[1]_convert_20151218232834
隣では青い1050系が休憩用車両として留置中。
時折コンプレッサーが唸っておりました。

DSC00842_convert_20151218234505.jpg
向かいのスペースには部品販売会。
廃車となった1010系の遺品が売られておりました。それ目的の長蛇の列が後ろに控えておりました(^_^;)

DSC00843_convert_20151218234543.jpg
新幹線200系塗装の1050系。
最近見ないなあと思ったら重要部検査中だった模様。
DSC00850_convert_20151218235238.jpg
DSC00846_convert_20151218235057.jpg
DSC00844_convert_20151218234900.jpg
DSC00849_convert_20151219001108.jpg
この時点では新しいロゴは付いておらず。
旧ロゴマークを維持した状態での出場を祈ります(´Д` )

工場内部だけでもだいぶ充実した内容だなという感じで危うく1010系の3編成並び撮影を失念するところでしたw
DSC00867[1]_convert_20151218233303
東北・上越新幹線の分岐点を背に、来年で引退するとされている1010系達が前照灯を輝かせていました。
小さい頃からお世話になっている車両たちです。
当時は9本おりましたが今では2000系に置き換えられこの3本のみの存在に。

DSC00870_convert_20151218235941.jpg
DSC00868_convert_20151219000026.jpg
各々の正面サボをよく見てみると、なんと大宮↔丸山、大宮↔羽貫、大宮↔内宿・・・
全車前照灯点灯でそれぞれ違ったサボを掲出しておりなかなか凝ってるなと思いました。
今後恐らく公の場でこれを撮れることはないと思われます。行ったかいがありました(´;ω;`)

DSC00873_convert_20151219002254.jpgこれからを担う者たち。
奥にいる1050系、京浜急行カラー?ですが登場時のカラーに戻してくれないかな・・・なんて。 

なかなかの充実感に包まれたまま今度は西馬込のイベントに転線することに・・・     
              
最新記事
プロフィール

Author:宮原鉄道
さいたま市北区を拠点とし、事業内容は趣味活動で写真撮影と模型製作です。
列車運行は行っておりませんのでご安心ください。

使用機材
◆カメラ
SONY α77Ⅱ
SONY α77(予備)
MINOLTA α807si(予備)
Nikon COOLPIX P330(動画・簡易撮影)

◆レンズ
SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM
TAMRON AF28-75mm F2.8 MACRO
TAMRON 70-200mm F2.8
TAMRON 150-600mm F5-6.3 Di USD

◆テレコン
TAMRON α-AF 1.4X TELEPLUS MC4

◆三脚
ハスキー4段

月別アーカイブ
カテゴリ
宮原鉄道線内 検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1228位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
422位
アクセスランキングを見る>>
おすすめサイト
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる